ペイント > マーク一覧表

  • 編集者各位:ページ編集時は「編集中!」の文字を貼るのを忘れずに!!

概要

  • マークは機体ごとに5箇所の配置位置が存在。
  • マークはその配置位置からある程度、移動・拡大・縮小・回転で位置調整できる。
  • 配置位置は機体別。下記は参考例
    • ガンダム:左肩前面・右肩前面・左肩後面・右肩後面・盾中央上側
    • ザクⅡ:左肩ショルダーアーマー中央・右肩前面・左胸・右肩ザクシールド中央上側・右肩ザクシールド中央下側
  • 詳しい説明はペイントページ参照のこと。

基本マーク

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
必要DP 備考・元ネタ
連邦軍マークB<赤> 20 不可 地球連邦軍.陸・海・空・宙どなたでもお使い頂ける懐の広いマークです.
連邦軍マークB<黄> 20 不可
連邦軍マークB<白> 20 不可
連邦軍文字<赤> 20 不可 地球連邦宇宙軍(EFSF)なので注意!
ジム等に付けるのはいいが、陸ガンに付けるのはにわか
連邦軍文字<黒> 20 不可
連邦軍文字<白> 20 不可
ジオン軍マークB<赤> 20 不可
ジオン軍マークB<黄> 20 不可
ジオン軍マークB<白> 20 不可
ジオン軍文字<赤> 20 不可
ジオン軍文字<黒> 20 不可
ジオン軍文字<白> 20 不可
ジークジオン文字<赤> 20 不可 ジオン残党はこれがよく似合う
ジークジオン文字<黒> 20 不可
ジークジオン文字<白> 20 不可
所属部隊番号「01」白 20 不可 ブルーディスティニー1号機
所属部隊番号「02」白 20 不可 黒い三連星専用高機動ザクⅡ マッシュの機体番号
ブルーディスティニー2号機
所属部隊番号「03」白 20 不可 黒い三連星専用高機動ザクⅡ ガイアの機体番号
ブルーディスティニー3号機
所属部隊番号「04」白 20 不可 不死身の04小隊
所属部隊番号「05」白 20 不可
所属部隊番号「06」白 20 不可 黒い三連星専用高機動ザクⅡ オルテガの機体番号
所属部隊番号「07」白 20 不可 陸戦型ジム (OVA)第08MS小隊の第07MS小隊の所属部隊番号
所属部隊番号「08」白 20 不可 陸戦型ガンダム (OVA)第08MS小隊の所属部隊番号
所属部隊番号「09」白 20 不可
ジオン軍マークA<赤> 20 不可
ジオン軍マークA<黄> 20 不可
ジオン軍マークA<白> 20 不可

パイロット:連邦軍

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
必要DP 備考・元ネタ
イングリッド0 ☆☆ 60 漫画『MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』に登場するパイロットのトレードマーク。
元ジオン軍キマイラ隊所属で、クローン技術を用いて造られた生まれながらの強化人間。一年戦争末期にキマイラ隊に配属されたが、終戦直前に人工冬眠させられていた。戦争終結後に解凍され、地球連邦議会議長ゴップに表向きには養子として引き取られ連邦所属となる。
初期搭乗機は専用改修したギャプランだったが、失ったあとにヘビーガンダム(2号機)を強化改修した専用機に搭乗している。
アムロ・レイ ☆☆ 60 映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するνガンダムのパイロットにして主人公アムロ・レイのトレードマーク。
このトレードマークは宇宙世紀0092年の第2次ネオ・ジオン戦争時代の地球連邦軍大尉で外郭新興部隊「ロンド・ベル」のMS隊隊長としてνガンダム搭乗時につけていたものとされる。
ペガサス ☆☆ 60 アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するガンダムのパイロットにして主人公アムロ・レイのトレードマーク
サイド7に住んでいたがそこでテストをする予定だったV作戦の主戦力であるガンダムを狙ってジオン軍が攻めてきたことにより、偶然搭乗することになったことからガンダムの歴史は始まる。
このトレードマークは少尉自体につけていたものとされているが、プラモデルに付属されているだけでアニメでつけていた描写はない。木馬ことホワイトベースに乗っていたからこのマークになったらしい。中の人がペガサス星矢だから。ちなみにお台場に設置されていた等身大ガンダムの左肩にもデザイン違いのペガサスマークが付けられていた。
フーバー ☆☆ 60 漫画『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』に登場するFSS会長ジル・ブロッケン・フーバーのトレードマーク
彼は一年戦争当時は連邦軍MS部隊「ウェイライン隊」の大隊長で、ジム・インターセプトカスタムにてジョニー・ライデンと交戦したこともある。


パイロット:ジオン軍

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
必要DP 備考・元ネタ
ヴィッシュ・ドナヒュー ☆☆ 60 ゲーム(DC)『コロニーの落ちた地で…』に登場するヴィッシュ・ドナヒュー中尉のトレードマーク。
ヴィッシュ・ドナヒューは、ジオン公国オーストラリア駐屯軍アリス・スプリングス支隊のモビルスーツ部隊隊長を務める。“荒野の迅雷”の異名を持ち、グフ陸戦型ゲルググを愛機とした。
最終決戦の舞台、オーストラリア北西部にあるヒューエンデンHLV基地で、ホワイト・ディンゴ隊と対峙し、友軍撤退に伴うHLV打ち上げの時間を稼ぐため出撃。ホワイト・ディンゴ隊の隊長マスター・ピース・レイヤーと交戦し、終戦を知らせる放送が流れる直前に、戦死した。
シン・マツナガ初期 ☆☆ 初出は『MSV』のパイロット、シン・マツナガのトレードマーク。
近接戦が得意で、「白狼」または「ソロモンの白狼」として勇名を馳せたドズル・ザビ中将の懐刀。機体をパーソナルカラーである白で塗装している。一年戦争前から軍に身を置き、ルウム戦役ではザクⅡC型にて巡洋艦5隻戦艦1隻を落とす大戦果を上げ一気に中尉にまで昇格する。以降はソロモンを中心にした宇宙攻撃軍にて活躍。ザクⅡF型のあとにFS型に乗り換えており、その際左肩に「狼」というマークを付けていたため「ソロモンの白狼」として連邦軍から恐れられる。その後は戦場任官だったので少しの間士官学校に入り大尉に昇格。ドズルからの信任が厚くドズルが戦場視察をする際は必ず護衛につかせるほどだった模様。
機体は高機動型ザクR-1A型やゲルググJを優先的に配備されたりと厚遇されていた。しかしソロモン防衛戦の際は本国サイド3に召集されており(ドズルからの密命のためであったとも言われる)、防衛戦に参加できずドズル戦士の報を聞いて男泣きをしたという。その後の消息は不明。
シン・マツナガ ☆☆
エメ ☆☆ 60 『MSV-R』で設定されたキマイラ隊第2MS小隊の女性パイロット「エメ・ディプロム」中尉のトレードマーク
トレードマーク内にもある通り、一年戦争時はパーソナルカラーの青・黒(胴体部)・白で塗装したMS14-BR高機動型ゲルググR型に搭乗。
漫画『ジョニー・ライデンの帰還』では第2小隊隊長ジーメンス・ウィルヘッド大尉と結婚してウィルヘッド姓になって登場している
アラビアン ☆☆ 60 『MSV』で設定された地球攻撃軍第5地上機動師団第2MS大隊所属遊撃隊「スコルピオ」隊長「カーミック・ロム」大尉のトレードマーク
アフリカ戦線中東西部にて活躍。ザク・デザートタイプを愛機とした。スコルピオ隊の隊長となってからは部隊全体のトレードマークとなっている。

部隊:連邦軍

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
必要DP 備考・元ネタ
ホワイト・ディンゴ隊<白&黒> ☆☆ 60 ゲーム(DC)『コロニーの落ちた地で…』に登場するオーストラリア大陸に展開する遊撃MS小隊
戦闘機パイロットから転身したマスター・ピース・レイヤー中尉が所属している。ホワイト・ディンゴ隊仕様のジム・スナイパーⅡを駆り、ジオンの“荒野の迅雷”ヴィッシュ・ドナヒューと幾多も激戦を繰り広げた。
特にトレードマークの種類が多く、機体煮付けていたもの以外にもパイロットの服に付けていたものなど様々な種類がある。
ホワイト・ディンゴ隊<黄> 20
ホワイト・ディンゴ隊<黒> 20
ホワイト・ディンゴ隊ワッペン
ホワイト・ディンゴ隊<白&赤> ☆☆ 60
ホワイト・ディンゴ隊部隊章 ☆☆ 60
SRT-ユニット1 ☆☆ 60 不可 ゲーム(Wii)『MS戦線0079』に登場するレビル将軍が直々に編成した若手中心の独立機械化混成部隊の一部隊
各地を転戦しながら友軍の支援を行いつつ、モビルスーツの運用試験、有用性の検討などを主目的に構成された。
ジム・スナイパーⅡのパイロットであり、SRT-ユニット1部隊の隊長、アラン・アイルワード少尉が所属している。
スレイヴ・レイス ☆☆ 60 不可 ゲーム(PS3)『サイドストーリーズ』の章『ミッシングリンク』に登場する連邦軍第20独立機械化混成部隊。
そのMS実践テスト部隊としての姿とは別に、真の姿は謎の司令官グレイヴからの命令に従い、危険任務や汚れ仕事までこなす特殊部隊スレイヴ・レイス。構成員はそれぞれ、突出した才能を持ちながら罪を犯し、極刑とされた者たち。罪の抹消、あるいは新たな身分と人生を得るために部隊に参加。軍内部の綱紀粛正も任務とされ、ジオンに内通して私腹を肥やす前線基地司令官や、反レビル派将校の暗殺なども人知れず実行する。
第11独立機械化混成部隊第3小隊 ☆☆ 60 不可 漫画『機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー』に登場する連邦軍にとっての新兵器であるモビルスーツの運用を試験するための小隊で通称「モルモット隊」
第1小隊はブルーディスティニー等を、第2小隊はジム・コマンドを、第3小隊は陸戦型ジムを実地試験している。
第3小隊と書いてある割におもいっきし11-01と描かれてるのはどういうことなのかは謎
G-4実験部隊 ☆☆ 60 OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』とゲーム(PS2)『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…』に登場する部隊。
アレックス調整のために新設された部隊なのだが、ガンダム4号機も似たような経緯があったため現状だと統合されて両方がその部隊となっている。
このマークは機体についてたものではなく、パイロットスーツの右胸等につけていたもの。
ファントムスイープ隊 ☆☆ 60 ゲーム(PS3)『機動戦士ガンダム戦記 BATTLEFIELD RECORD U.C.0081』に登場する遊撃特務部隊。
一年戦争終結後に結成された部隊で、ジオン軍残党狩りが主任務。マオ・リャン少佐を前線指揮官に、実戦部隊隊長はユーグ・クーロ大尉が務めている。
発足当初はジム・コマンドに搭乗してたが、総責任者であるゴドウィン・ダレル准将の計らいでジーラインやガンダム7号機などの新装備が名目上はデータ収集として支給されている。


部隊:ジオン軍

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
必要DP 備考・元ネタ
302哨戒中隊 ☆☆ 60 不可 ドズル・ザビ中将が指揮する「宇宙攻撃軍第302哨戒中隊」。
一年戦争時に大尉だったアナベル・ガトー少佐が隊長を務め、ソロモンの防衛に当たっていた。連邦がソロモンに侵攻した際には多くの連邦部隊と交戦しているが、ソーラーシステムにより、ソロモンが焼かれ、放棄された際に撤退する友軍艦隊の殿をしながら、宇宙要塞ア・バオア・クー方面へ逃げ延びている。同要塞での戦闘にも参加したが、ソロモンでその大半を失ったこの部隊はガトーとカリウス・オットー軍曹らを残して全滅している。
ビーム・バズーカを装備したガトー専用のリック・ドムが活躍したことでも有名。
闇夜のフェンリル隊 ☆☆ 60 不可 ゲーム(PS2)『ジオニックフロント』に登場した特殊部隊。
ゲラート・シュマイザー少佐が戦時中に視神経をやられてパイロット生命を絶たれたため、自身のノウハウを活かした後年育成兼独立攻撃部隊をキシリア・ザビ少将に具申、認められたことで設立した部隊である。MSのみで構成された部隊で、攻撃任務をはじめ、偵察任務、防衛任務と多様な任務をこなす。
小説版でゲラート・シュマイザーは遥かに性能で劣るザクⅠで、連邦のガンダム6号機こと マドロック を撃破してみせたことで有名
ブラウアー隊 ☆☆ 60 不可 ゲーム(Wii)『MS戦線0079』に登場する別名「地球攻撃軍第四地上機動歩兵師団第七モビルスーツ大隊F小隊」。
第二次降下部隊要員だったレオ・ブラウアー少尉を隊長とし、同員のクラウス・ベルトラン曹長と、第三次降下作戦で地球に降り立ったトルド・ボブロフ軍曹、アン・フリーベリ二等兵で構成されたMS小隊。オデッサ作戦以降は独立遊撃隊として、特定の部隊の指揮下には入らず、前線で友軍を支援していたため「戦場の調律師」という異名をもつ。
レオ・ブラウアー少尉はザクⅡやゴッグ、先行量産型ゲルググを愛機に活躍した。
マルコシアス ☆☆ 60 不可 ゲーム(PS3)『サイドストーリーズ』の章『ミッシングリンク』に登場するMSパイロットとして高い適性を持ちながら、家柄や出身などによって軍内でのエリートコースから外された若者たちを集め、キシリア・ザビ少将が結成させた特別競合部隊。
ここで一定の戦果を示すことができれば後に結成予定のエースパイロットだけで編成されるエリート部隊への転属が約束されている。部隊はAからGの7小隊から成り、それぞれが互いをライバルとして、競いながら危険な最前線での戦闘に臨む。総隊長兼監査役のダグ・シュナイド大尉は、若者たちを無駄死にさせないよう、自ら先頭に立って戦うが、隊員の多くは功を焦って反発し合い、暴走や無謀を繰り返すのだった…。
ちなみに部隊名の元になっているマルコシアスはグリフォンの翼と蛇の尾を持ち、口からは炎を吹く狼の姿をした悪魔のこと。
キマイラ(フラッグ) 『MSV』で設定されたキシリア・ザビ旗下のジオンのエース部隊。制式名称「突撃機動軍特別編成大隊」。「キマイラ隊」は部隊の旗艦キマイラからの愛称である。
真紅の稲妻ことジョニー・ライデン少佐を隊長にすえたエースパイロットのみで構成されており、部隊の全員が撃墜数が2ケタ台、または3ケタ台だという。一年戦争時、キシリア・ザビ少将が編成し、ア・バオア・クー攻防戦で活躍した。最新鋭機が常に優先的に配備され、ア・バオア・クー攻防戦ではゲルググゲルググ・キャノン高機動型ゲルググ等が配備された。しかし、ア・バオア・クー攻防戦でそのほとんどが死亡、行方不明になっている。その他、ジェラルド・サカイ大尉、トーマス・クルツ中尉、マサヤ・ナカガワ中尉も所属している。
キマイラ隊 ☆☆ 60
サーベルタイガー ☆☆ 60 不可 地球攻撃軍第4地上機動師団所属部隊。
一年戦争ではインド亜大陸を制圧した師団の部隊でドムドム・トローペンに搭乗していた模様
トリントン基地襲撃部隊 ☆☆ 60 不可 アニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』にてトリントン基地を襲撃した部隊。
ザメルドム・トローペンがいたが、マークは機体じゃなくて搭乗者のゲイリー、アダムスキー、ボブのパイロットスーツの左肩につけていたもの
ブルーボーン ☆☆ 60 不可 北アメリカ戦線唯一のドム部隊
第55MS部隊 ☆☆ 60 不可 エジプト戦線のスエズ攻防戦で活躍した通称「アヌビス」隊。主にザクⅡ(F型)やグフに搭乗していた模様
サイクロプス隊 ☆☆ OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する突撃機動軍所属潜入工作部隊
ベテランで構成された少数精鋭部隊であり、表沙汰に出来ない極秘任務を遂行する。劇中では「ルビコン計画」と呼称される新型ガンダムアレックスの破壊及び奪取任務にあたっていたが任務は失敗に終わり隊員は全滅した。
突撃機動任務に適したズゴックEハイゴッグケンプファーに搭乗したり、補填要員のバーナード・ワイズマンはザクⅡ改に搭乗していた
インビジブルナイツ ☆☆ 60 不可 ゲーム(PS3)『機動戦士ガンダム戦記 BATTLEFIELD RECORD U.C.0081』に登場するジオン残党軍部隊
宇宙のマスドライバー基地から質量弾を直接地球に向けて砲撃する質量弾投下作戦『水天の涙』実行部隊。部隊発足自体は一年戦争中でエリク・ブランケ少佐を隊長とする。小さな部隊だったが他のジオン残党との集結や、デラーズ・フリートからの援助を受けて戦力を増強していく。連邦のジオン残党狩り部隊「ファントムスイープ」とは幾度となく戦いを繰り広げた。
エリク少佐は専用にカスタマイズされたザクⅠ高機動型ゲルググ、連邦軍に鹵獲されていたイフリート・ナハトを奪取して使用している。
ギレン直属防衛部隊 ☆☆ 60 不可 漫画『ギレン暗殺計画』等に登場するジオン軍総帥ギレン・ザビ直属の防衛部隊。
ギレン直属の親衛隊だがジオン本国防衛も主任務。マーク自体は『MSV』でエリック・マンスフィールド中佐専用高機動型ザクに付属されたりと古くからあった。


機体:連邦軍

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
必要DP 備考・元ネタ
ピクシー ☆☆ 60 不可 ゲーム(SFC)『CROSS DIMENSION 0079』に登場したガンダムピクシーのエンブレム

親方デカールw (天空の城ラピュタより)
詳しくは、 セカンドwiki の雑談過去ログ16 [2013-08-02 21:28:06]参照
GP01<グレー> ☆☆ 60 不可 OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場したガンダム試作1号機のマーク
本編でも機体の左肩前面部に型式番号部分が無いマークをつけている


機体:ジオン軍

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
必要DP 備考・元ネタ
重機甲中隊<黄> 25 不可 アッグ、ゾック、ジュアッグ 等の水中試作機
重機甲中隊<白> 25 不可
機甲工兵中隊<黄> 25 不可 ザク・マインレイヤー等が所属
機甲工兵中隊<白> 25 不可
バウンティハンター ☆☆ 60 不可 ドム(寒冷地仕様)
ヴァイス・ローゼ ☆☆ 60 不可 漫画『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』に登場する白く塗装されたグフ・カスタム
ジオン公国首都防衛大隊所属MSパイロット「ランス・ガーフィールド」大尉の愛機で、劇中ではヒート・ソードを両手持ちした二刀流の戦闘スタイルを見せていた
ホワイト・オーガー<黒> ☆☆ 60 不可 OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線』に登場する白く塗装されたザクⅡJ型
ジオン公国MSパイロット「エルマー・スネル」大尉の搭乗機で、頭部とシールドにトカゲのマークを付けている。多数の61式戦車を撃破し戦功を挙げ、敵味方から「白き鬼、ホワイト・オーガー」の異名で恐れられた。
ホワイト・オーガー<白> ☆☆ 60 不可

その他:ジオン軍

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
必要DP 備考・元ネタ
アスタロス ☆☆ 60 不可 ゲーム(DC)『コロニーの落ちた地で…』に登場する生態環境破壊兵器。
ジオン軍が開発した繁殖力旺盛な新型植物で、あまりに旺盛すぎて生態系を破壊してしまう代物。コロニーの過酷な環境でも生育出来る植物を開発している中で、副産物として原形が出来たが核使用を凍結された「南極条約」に抵触しない兵器として使用が考察された。名称は破壊の悪魔アスタロスが、バビロニアの豊穣の女神イシュタルを元としていることから、命名は開発の経緯とかけてあるものと推察されている。使用考察されたものの、地球環境破壊を招く都合で軍内でも扱いに困って破棄しようとしていたところを、キシリア配下の部隊「マッチモニード」により強奪され、宇宙へ持ち出すためオーストラリアに移送されるが、これを良しと思わなかったジオンオーストラリア部隊とホワイト・ディンゴ隊によって阻止されアスタロスは破棄された…。
漫画『MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』では一部が既に宇宙に持ち出され、「ザビ家の復讐装置」というコロニー散布用システムが開発されていたことが判明した。

その他:その他の軍

画像 名称 レア 必要
階級
必要
リサイクル
チケット
必要DP 備考・元ネタ
リーア軍 ☆☆ 60 不可 OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場するサイド6(リーア)独立軍のマーク。マークは兵士がつけてたもの。
サイド6は一年戦争序盤から中立を宣言したコロニーであり、連邦でもジオンでもない自治的軍隊を有している。戦力としてはプチモビルスーツやミサイル車程度の武装しかなく抑止力としてもかなり控えめ。
中立とか言いつつジオン寄りな政権だったりするが、一年戦争末期にはかなり連邦寄りだったようで、連邦の駐屯部隊がいたり、アレックス用の実験施設が極秘裏に作られている。
P.M.U.アート ☆☆ 不可 ゲーム『機動戦士ガンダムバトルオペレーション2』オリジナルマーク。
マークにはPMUスタッフの一人であるカタリナ・ヴェンダースが描かれている。


アップデート履歴

  • 2019/01/17:新規追加.

コメント欄


過去ログ 1

  • ジーラインに合わせて「ファントムスイープ」マークってのはスゲーわかる。その機体に付いて当然のマークだからよ~~。「インビジブルナイツ」のマークが今だに未実装なのはどーいう訳だ!ムカつくぜちくしょ~~~!(うろ覚えギアッチョ風味) - 名無しさん (2019-06-27 23:06:00)
  • 先行配信されたホワイトディンゴ隊のワッペンマスター.P.レイヤーの服についていたやつだと思うんですが、MSにこんなマークつけてるやつありましたっけ?誰か教えてください - 名無しさん (2019-03-01 16:15:39)
  • ホワイト・ディンゴ隊ワッペン,キマイラ(フラッグ)を追加(仮). - 伏流 (2019-02-27 22:13:41)
  • 「マーク&パターン」ページから分割しました.元ページはペイント/マーク一覧表に名前を変更しましたので古い編集履歴を閲覧したい場合にはペイント/マーク一覧表を参照のこと. - 伏流 (2019-02-16 23:09:11)
  • ヴィッシュ・ドナヒュー、ホワイト・ディンゴ隊<白&黒>を画像とともに追加. - pikachusuzuki (2019-02-15 02:17:00)
  • ジークジオン文字<赤>、ジークジオン文字<黒>、ジークジオン文字<白>、重機甲中隊<黄>、重機甲中隊<白>のマーク画像を追加. - pikachusuzuki (2019-02-01 18:39:41)
  • なんでEFFじゃなくてEFSFなんだ? - 名無しさん (2019-01-30 22:07:09)
    • 前作で、連邦地上軍って名称でEFGFってデカールがあったから。その内、追加されると思う。 - 名無しさん (2019-02-01 19:24:10)
  • 302はカリウスが『302哨戒中隊、僅か三機になりましたが』と参加時に言ってるから一年戦争時はまだ二機じゃあないよ。 - 名無しさん (2019-01-30 21:25:35)
  • マークとパターンの画像をアップしました. - pikachusuzuki (2019-01-19 21:41:32)
  • 必要リサイクルチケットが多くて無課金では迂闊に買えない。 - 名無しさん (2019-01-18 18:33:16)
  • 連邦軍文字マークの備考欄に、「陸ジムにつけるのはにわか」って書いてあるけど、HGUCプラモとかのパケにはE.F.S.F.って書いてあるんだよなー - 名無しさん (2019-01-18 12:44:18)
    • 陸ガンも間違いでしたわ、、、 - 木主 (2019-01-18 12:44:58)
  • マークとパターンの画像は、順次アップする予定です. - pikachusuzuki (2019-01-18 05:37:46)
  • セカンドwikiのデカール、スキンのページから備考・元ネタの転記完了. - pikachusuzuki (2019-01-18 05:18:57)
  • test - pikachusuzuki (2019-01-18 04:30:49)
最新の20件を表示しています.全てのコメントを見る

添付ファイル