ゲルググM

MS一覧】 > 【強襲機

  • 編集者各位:ページ編集時は「編集中!」の文字を貼るのを忘れずに!!

機体概要

  • ゲルググの海兵隊仕様機。通称ゲルググM(マリーネ)。
  • 特殊任務における迅速な対応と長時間の作戦行動に対応するため、機動性向上のためのランドセルと、それに接続可能なプロペラントタンクが装備された。
  • 多様な戦況への適応力が求められた結果、ビーム・ライフルよりも、扱い易く信頼性の高いマシンガンを主兵装として選択する部隊が多く、火力増強として腕部熱核ジェット・エンジンも実弾の速射砲に換装されている。
  • もともと完成度の高いゲルググタイプであったが、実戦からのフィードバックにより、スラスターの背面集中や、姿勢制御用の腰部スカートが装備されるなど、より実戦向きな改修が行われた機体となっている。
  • しかし実戦投入が遅く、主な活躍は一年戦争終戦後となる。

機体属性・出撃制限・環境適正


機体属性 強襲 汎用 支援
出撃制限 地上 宇宙
環境適正 地上 宇宙

数値情報

機体

強襲 LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
Cost 400 450 500 550
機体HP 15500 16500 17500 18500
耐実弾補正 17 19 21 23
耐ビーム補正 15 17 19 21
耐格闘補正 30 32 34 36
射撃補正 13 15 17 19
格闘補正 27 30 33 36
スピード 130
高速移動 210
スラスター 70
旋回(地上)[度/秒] 63
旋回(宇宙)[度/秒] 72(盾装備時:69.8)
格闘判定力
カウンター 連続格闘
再出撃時間 13秒 13秒 14秒 14秒
レアリティ ☆☆ ☆☆ ☆☆
必要リサイクル
チケット
170 195 290 175
必要階級 二等兵01
必要DP 6600 9000 9900 8900
※LV4のほうが必要リサイクルチケットが少ないのは、LV3以前よりLV4のがレアリティが低いための仕様

パーツスロット

  LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
近距離 11 13 15 17
中距離 10 11 12 13
遠距離 7 8 9 10

連撃補正

連撃数 標準倍率 本武器倍率
1撃目 100% 100%
2撃目 50% 70%
3撃目 25% 49%

格闘方向補正

格闘方向 標準倍率 本武器倍率
N格 100% 100%
横格 75% 75%
下格 130% 140%

移動方向補正

※標準倍率の場合でも検証したことがわかるように数値欄を残してください
  100%  
良い時% 良い時%
  悪い時%  

主兵装

射撃

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 DPS 備考 DP
MMP-80マシンガン[GN] LV1 146 35 360発/分 6秒 0.5秒 200m 876 移動射撃可
よろけ値:5%(20HIT)
局部補正:1.3倍
シールド補正:0.3倍
機体同梱
LV2 152 36 912 2300
LV3 159 37 954 2800
LV4 166 38 996 3300
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 備考
MMP-80付属グレネード LV1 700 1 - 15秒 1.5秒 325m 移動射撃可
よろけ有
よろけ値:50%
局部補正:1.0倍
シールド補正:1.2倍
MMP-80マシンガン[GN]に付属
武装Lvは機体Lv依存
LV2 735
LV3 770
LV4 805

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 発射
間隔
ヒート率 OHまでの弾数 OH復帰時間 切替時間 射程 備考 必要DP
ノン フル ノン フル
ゲルググ用ビーム・ライフル LV1 2000 2400 4秒 60% 90% 即3発
フル1+即1
13秒 1秒 400m
(550m)
移動射撃可
ひるみ有
集束可
集束時よろけ有
集束時間:4.5秒
倍率:1.2倍
非集束・集束よろけ値:10%
局部補正:1.2倍(1.1倍)
シールド補正:1.1倍(1.1倍)
機体同梱
LV2 2100 2520 405m
(555m)
5300
LV3 2200 2640 410m
(560m)
5800
LV4 2300 2760 415m
(565m)
6800
LV5 2400 2880 420m
(570m)
7300
  • ノン:ノンチャージショット
  • フル:フルチャージショット
  • 即:即撃ち(ノンチャージショット)
  • OH:オーバーヒート
  • ()内はフルチャージショット時

格闘

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 クールタイム 武装切替 備考 必要DP
ゲルググM用ビーム・サーベル LV1 2100 2.5秒 0.77秒 局部補正:1.0倍
シールド補正:1.2倍
機体同梱
LV2 2205 3800
LV3 2310 4800
LV4 2415 5300

副兵装

腕部110mm速射砲

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 DPS 備考
LV1 150 30 446発/分 8秒(240fps) 0.5秒(15fps) 130m 1115 移動射撃可
ASL(自動照準補正)有
よろけ値:10%(10HIT)
LV2 160 1189
LV3 170 1264
LV4 180 1338

スパイク・シールド

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
  LV1 LV2 LV3 LV4
シールドHP 2500 2750 3000 3250
サイズ S
備考 タックル威力+100%

スキル情報

スキル レベル 機体LV 効果 説明
足回り
アサルトブースター LV2 Lv1~2 ジャンプ時の溜め時間を 50% 短縮し、
ジャンプ速度が 40% 上昇する。
またジャンプまたは落下中、射撃攻撃による被弾時のリアクションを軽減する。
なお、空中で高速移動を行った場合は本スキルによるリアクション軽減効果は適用されない。
効果は地上限定
LV3 LV3~ ジャンプ時の溜め時間を 60% 短縮し、
ジャンプ速度が 50% 上昇する。
またジャンプまたは落下中、射撃攻撃による被弾時のリアクションを軽減する。
なお、空中で高速移動を行った場合は本スキルによるリアクション軽減効果は適用されない。
緊急回避制御 LV1 LV1~ 回避行動ボタンを2度押すことで、緊急回避が可能となる。 スラスターがオーバーヒートするため注意が必要
高性能バランサー LV1 LV1~ ジャンプ&回避行動の着地による硬直を格闘攻撃かタックルでキャンセル可能。 着地の硬直時に格闘攻撃かタックルが出せ隙が減る
強制噴射装置 LV2 LV1~ 回避行動の着地動作を、スラスター消費量が
軽減された高速移動でキャンセルし、再び回避行動を可能とする。
高性能AMBAC LV2 LV1~ 宇宙において、高速移動終了終了時に
移動方向と同じ向きへ移動操作を行っていると、
減速動作を行わずに巡航移動へ移行する。
さらにMS旋回性能が3増加する。
高速移動終了時に継続して同方向に左スティックor上昇下降ボタンを入力していれば硬直が発生しない
攻撃
格闘連撃制御 LV2 LV1~ 格闘攻撃を最大 3回 まで連続で使用可能。
連撃時はダメージが減衰する。
強化タックル LV3 LV1~2 タックル発生時の攻撃力と移動距離が増強。
攻撃力 80% 、移動距離 10% 上昇。
LV4 LV3~ タックル発生時の攻撃力と移動距離が増強。
攻撃力 95% 、移動距離 10% 上昇。
シールドタックル LV1 LV1~ タックル発生時の攻撃力が増加するが、
シールドが破壊されている場合は効果が発生しない。
シールド装備中タックル威力+ 100%
防御
マニューバーアーマー LV2 LV1~ ブースト移動中に以下の効果が発生。
射撃攻撃による被弾時のリアクションを軽減。
拘束効果のない攻撃を連続して受けた際に生じるよろけの発生を軽減。
ダメージを10%軽減。
ブースト移動中に受けた攻撃のよろけ値を 80%かつ小数点以下切り捨て で計算する
耐爆機構 LV1 LV1~ MSの爆発により発生するよろけ状態を無効化する。  
脚部特殊緩衝材 LV1 LV1~ 脚部へ攻撃を受けた際、機体HPへのダメージと脚部HPへの負荷を 10% 軽減する。
シールド破損姿勢制御 LV1 LV1~ 射撃攻撃によるシールド破損時のリアクションを無効化する。
ただし、ダメージの蓄積によるよろけアクションは無効化されない。

強化リスト情報

強化リスト MSレベル毎必要強化値 効果
リスト名 Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8
プロペラントタンク Lv1 390 470 540 スラスターが1増加
Lv2 410 スラスターが2増加
シールド構造強化 Lv1 790 940 1090 シールドHPが100増加
Lv2 830 シールドHPが200増加
複合拡張パーツスロット Lv1 1060 1260 1450 近・中・遠のパーツスロットが1スロずつ増加
Lv2 1110 近・中・遠のパーツスロットが2スロずつ増加
AD-PA Lv1 1330 1580 1820 格闘補正が1増加
Lv2 1390 格闘補正が2増加
上限開放
リスト名 Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8 効果
対汎用防御プログラム Lv2 2660 3160 3640 2780 汎用機から受けるダメージを4%軽減する
AD-PA Lv3 3990 4740 5460 4170 格闘補正が4増加
※LV4のほうが必要強化値が低いのは、LV3以前よりLV4のがレアリティが低いための仕様

備考

「ふん、赤子同然…」

  • 抽選配給期間
    • 2019年5月30日 14:00 ~
  • 新規追加物資
    • ゲルググM LV1~2 (地上/宇宙両用機体、コスト400~)
  • 確率アップ期間
    • 2019年5月30日 14:00 ~ 2019年6月6日 13:59 [予定]

機体情報

  • 『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』より参戦。ジオン軍残党デラーズ・フリート傘下のシーマ海兵隊が使用するMS。型式はMS-14F。Mはドイツ語で海兵隊を意味する「Marine」の略で発音はマリーネ。
  • マリーネの名の通り、ゲルググを海兵隊仕様に改修したもので一年戦争末期に開発された。カタログスペックでは最終型のゲルググJには劣るが、本機はコストパフォーマンスに優れる。これはジオン軍海兵隊がMSや歩兵を敵基地や戦艦に突撃させて内部制圧を図る部隊ゆえ、機体損耗が激しくなるのを見越してのこと。
  • 空間戦闘を想定してバックパックが出力の高いものになり通常のゲルググより機動性が向上している。J型と同様にプロペラントタンクを2機増設することで作戦行動時間の延長も図られている。
  • J型とは武装配置やフォルムなど類似点も多いが、こちらも『統合整備計画』の流れを汲んでいるのかは不明。海兵隊という限定的な運用だったため全体としての生産数は少なかった模様。
  • 腕部に備えた実弾式の「110mm速射砲」は戦後の新型MSにも致命傷を与えるほどの大威力を誇る。ゲルググらしく大出力ジェネレータを利用した「ビーム・ライフル」「ビーム・サーベル」といったビーム兵装を運用可能。しかし、本機が活躍した『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』のデラーズ紛争期には、まともな装備配給が行えなかったため、大半の機体はビーム兵装ではなく「MMP-80マシンガン」等の共用装備で代用していた模様。ザクが使用していた「スパイク・シールド」を装備する機体も多く見られた。
  • なお、指揮官機仕様が存在するのだが、現状シーマ・ガラハウ機しか確認されていないため専用改修機かもしれないと曖昧にされている。その他にも雑誌企画『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』では本機を強化改修したゲルググ[シュトゥッツァー]と呼称される機体が登場している。

機体考察

  • 概要
    • コスト400~の地上宇宙両用の強襲機。両用だが 宇宙適正 有り。
  • 火力
    • 射撃:格闘補正が1:2の配分。合計値はコスト相応。中途半端な印象を受けるが、射撃格闘両方の兵装火力が高めのため総合火力の出しやすさはトップクラス
    • 射撃兵装は、主兵装がゲルググ系共用の威力高めビームライフルと、即よろけグレネード付属マシンガンからの2択。副兵装の速射砲は射程こそ極めて短いものの、高DPSに加え高速で蓄積よろけを狙える。
    • 格闘兵装は、ゲルググとしては珍しいビーム・サーベル装備。ただしモーション自体がビーム・ナギナタモーションと共用のため特殊。連撃補正が緩く、下格闘補正が少し高めの特徴を持つ。
  • 足回り・防御
    • 足回りは、スピード・旋回は初期コストの並程度、高速移動値は少し高い。スラスター容量が豊富にあり、強制噴射装置Lv2もあるので高いスラスター性能を十二分に発揮出来る。総合的にも軽快と言える。
      • 宇宙では環境適正の効果が合わさりより軽快に動けるようになる。
    • 防御面は、HPは豊富にあり、Sサイズで耐久低めだがシールドも所持。装甲補正は耐格闘が特に高く、耐実弾、耐ビームと続く割り振り。合計値がコスト帯平均よりもかなり高い配分をされている特徴を持つ。
      • スキルもマニューバーアーマーLV2、脚部特殊緩衝材LV1、緊急回避制御LV1、シールド破損姿勢制御LV1と底上げするものを多く持ち、かなり打たれ強い
      • しかし、ゲルググ系特有の巨体により被弾しやすい大きな弱点がある。このために耐性系統が優遇されていると言っても過言ではない。
  • 特長
    • 強襲に付与されるものを一通り揃えた上で様々なスキルを保有しており、ステータス面は非常に優遇されている。
  • 総論
    • 巨体というデメリットを補うためにステータスを存分に盛られた、スペックの暴力で押し切る機体。
    • 近寄れてしまえば足回りや耐久力の良さもあってゴリ押しが行いやすいのが魅力。
    • 射撃兵装がビームライフルかグレネード付マシンガンの2択だが、どちらもよろけを取るには不安が残る。副兵装の蓄積よろけで補うことは出来るが射程は短いのでインファイトは必須。
    • 巨体という問題点は常に付きまとう。そこをどうにかすることが良くも悪くもプレイヤースキルを求められ、それが結果に直結しやすい。ある程度腕に自信のある中級者~向け。

主兵装詳細

  • MMP-80マシンガン[GN]
    • グレネードランチャー付属のマシンガン系実弾兵装。本機の初期装備。
    • 射程が短めなものの、連射性能が高くDPSの高いマシンガン。ブレは中程度。
    • マシンガン系に共通する特性として、連射4発目以降からブレが大きくなる特性があるため、射程限界近くでは適度にクールタイムを設けると命中精度を安定させられる。照準の十字がブレの指針になっており、最大ブレでは3倍スコープ時の照準円の半径2倍程度まで拡散してしまう
    • MMP-80付属グレネード
      • マシンガンに付属するグレネードランチャー。
      • 一般的にバズと呼ばれる武装に類似した性能だが、低威力単発装填15秒リロードで性能は大幅に劣る。切り替え時間と射程のみ僅かに上回る。
      • 武器選択欄の一番最後に設定され、主兵装を変更すると本武装も同時に消える。その際、ショートカット設定も消えてしまうため再設定が必要。主兵装を変更する場合は装備セットを別に用意し、装備セットの変更で切り替えるようにしたい。
  • ゲルググ用ビーム・ライフル
    • ゲルググ用に設計されたヒート率管理式ビーム兵装。移動射撃武器でチャージ可能。
    • 一般的なBR兵装でありノンチャで怯み、フルチャージで威力上昇・よろけ付与。状況に応じて使い分けると良い。
    • ノンチャージでは威力比ヒート率に優れ、早い弾速と長射程から安定して削る事が出来る。
    • フルチャージでは威力が上昇しよろけも取れるがヒート率も90%と高く、継続火力は落ちる。
    • このタイプのBRでは発射間隔がかなり長いが、その分威力が非常に高い武装。
  • ゲルググM用ビーム・サーベル
    • グルググM専用のサーベル。威力は強襲機としては低めの部類。
    • モーション自体はゲルググJと同一のビーム・ナギナタモーションをサーベル用に置き換えたもの。下格がナギナタより踏み込む距離が少し長くなっている関係上、振るのが僅かに遅い。
      • N格闘は左下から右上への逆袈裟切り。
      • 右格闘は左から右前方への横薙ぎ。
      • 左格闘は約90度横向いての左から右への横薙ぎ。
      • 下格闘は大きく振りかぶり左上から右下への左袈裟斬り。ゲルググのナギナタのモーションと似ているが踏み込む距離が僅かに長いため振るのが遅い。方向補正が140%と少し高いのも特徴的。
    • 連邦モーションと大きく違う点はN格闘と下格闘で左右の切りつけ方向が変わる点。その為、N→下と繋ぐ場合はNを当てた直後から左へ旋回しないと下が当たらない場合がある

副兵装詳細

  • 腕部110mm速射砲
    • 右腕内蔵のマシンガン系実弾兵装。
    • マシンガン系としては高い威力とよろけ値を持ち、10発当てればよろける。秒数だと約1.4秒と非常に早い。マガジン火力は4500、DPSも1115と高い。
    • 欠点は短すぎる射程。一般的なバルカン系武装が150mあるのに対し、本武装は130mしかない。
    • ASL(自動照準補正)はあるものの、本武装が届く射程だと範囲分に機体が収まってしまうため無いに等しい。ブレもあるがこの射程で影響が出るほどではない。
  • スパイク・シールド
    • Sサイズのシールド。耐久は並程度。
    • 盾があるときはタックルの威力が倍増する。本機は強化タックルLv3-4所持のためさらに威力アップしている。
    • シールド破損姿勢制御の効果で、壊されてもよろけなくて済む。

運用

  • 基本性能全てがトップクラスであり、スキル面もマニューバーアーマーLv2・緊急回避・強制噴射Lv2を備えかなり動かしやすい。高機動で適切な立ち位置をキープし、チャンスを活かす強連撃格闘で大ダメージを狙う他、高い防御補正とHPでワンダウン撃破を恐れず多少強引に出ることも出来る。
  • また、武装の切り替えでメインレンジが大きく変わるのも本機の特徴。自分の得意とする交戦距離や戦闘スタイル、MAPによって使い分けると良い。
    • ゲルググ用ビーム・ライフル装備時は、接敵出来ない場面でも支援へ高威力の牽制が可能な点、ダウン時に織り交ぜる事で追撃火力が大きく伸びる点が強み。
      • 単発威力が高いので、支援が射撃の瞬間だけ射線を通すようにしていてもダメージ蓄積させやすい。この時点で脚部にダメージを集中させられれば、ブースト移動時に転倒する程度の局部ダメージも視野に入る。ブースト移動を封じられれば接敵が容易な他、ポジション変更も億劫にさせられるので狙う価値はある。
      • 欠点は即よろけがフルチャージのみで近距離の読み合いで確実に直撃させるAIM力を求められる点とチャージに5秒かかる点。チャージ中によろければ溜め直しが必要であり、即よろけが欲しい場面で悠長に溜めている余裕がない事が殆ど。基本的に即よろけは取れないものとして動くか、意識外からの奇襲で使う程度に留める方が良いだろう。
    • MMP-80マシンガン[GN]装備時は、付属グレネードランチャーによる即よろけが強み。1発で非常に長いリロードに入ってしまうが、接敵時のチャンスを安定してモノに出来る。
      • マシンガン自体も削りとしては十分なダメージソースになる。とはいえ支援相手に200m圏内を維持していられる状況は少なく、長々と射撃していれば他の敵にカットされる場合が殆ど。詰められるなら格闘で一気に仕留めるか、支援の立ち位置を変えさせる牽制程度に留めたい。
  • 副兵装の速射砲は射程がまさかのバルカン以下の130m。DPSが高く蓄積よろけを取りやすい優秀な武装だが、130mの交戦距離はよろけ→下格闘ダウンの大きなリスクを伴う。自身にヘイトが向いていない状況や、敵が即座によろけさせる手段が無い時に使うと良い。
  • 強連撃 ではあるが、N>横>下とN>下での威力差は 221% : 198% と1割程度しかない。欲張って横格闘を挟んで外してしまうと169%と2割近く落ち込んでしまうので、N格がギリギリで当たった程度なら無難に下格闘の2連撃に繋げたほうが良い。本機体の1割は約200~400程度。
    • またN格と下格の軌跡が逆なので、Nで左側を引っ掛け下でダウン…といった生当て格闘が若干難しい。また下格闘の振りも僅かだが遅めの部類なので、なるべく振り始め部分の左側から当てるなど工夫したい。

機体攻略法

  • 巨体である代わりに同コスト帯では高めの防御補正を持つ。特に速射砲の届く範囲まで接敵されるとダメージ、よろけ共に取られやすく危険。
  • 発見は容易かつヒットボックスも大きめなので距離を取って置くのが第一。
  • ブースト性能が高いので支援機では逃げてもすぐに追いつかれる場合が多い。本機体相手に限らないが、味方とは離れすぎないように動き、接敵されそうになったら間に味方を挟むように逃げて時間を稼ぎたい。

コンボ一覧

  • 共通コンボ
    • N>下⇒N>下
    • N>横>下⇒N>下
    • N>横>下⇒強タックル→N>下
    • 速射砲×10(よろけ取ったら)→N>下⇒N>下
    • 速射砲×10(よろけ取ったら)→N>横>下⇒N>下
  • ゲルググ用ビーム・ライフル
    • ノンチャ→(N/下)
      • ダウン追撃時
    • フルチャ→N>下⇒ノンチャ→(N/下)
  • MMP-80マシンガン[GN]
    • グレ→N>下⇒N>下
    • マシ×20(よろけ取ったら)→N>下⇒N>下
※宇宙では、高性能バランサーと同等の効果有り
※宇宙では、下格でダウンさせると敵機体は吹っ飛ぶので、下格後のコンボは吹っ飛ぶ方向を予測して行うこと.


アップデート履歴




コメント欄

  • 愚痴・修正要望のコメントは予告なく削除・書込禁止処置 を取る場合がございます.ご了承下さい.
  • クールタイムや切替時間を計測する際には目測ではなく編集ガイドラインの「計測・検証について」の章に書いてある方法で精度良く計測し,報告時には計測環境なども合わせてコメント欄に記載してください.

過去ログ 1 / 2

  • 統合整備計画からのマシンガンだけでなく、各種バズーカ持てても問題無いはずなんだがな。BRも350のゲルG用の使えてもいいだろうし。 - 名無しさん (2024-05-04 16:34:17)
  • この弱さで400ってマジ? - 名無しさん (2024-05-04 16:33:26)
  • よくメタスパとか押しのけてまでピックできるやついるなと驚きが鬼になりそうな弱さ - 名無しさん (2024-05-03 23:16:51)
  • N下外れまくって草生える  - 名無しさん (2024-04-28 22:06:28)
  • 射程もスラ撃ちも無い速射砲クソ使いづらいけど高性能だから弄れないのかとか思ってたけどスラ撃ち出来て射程20m長いガーカスバルカンがあるからやっぱりクソ武器だわ。せめて射程150にしてくれ - 名無しさん (2024-04-28 15:50:08)
  • 格闘が駄目モーションなんだからせめて切り替えくらいは早くなってほしいな - 名無しさん (2024-04-28 11:19:43)
  • こいつがゴミすぎてシチュのジムキャは生きていけるんやなって実感する - 名無しさん (2024-04-26 15:12:46)
  • 久しぶりに使ったらマジもんのゴミで草も生えんわ。主兵装ももっとマシなもん持たせられるし、副兵装に関しては射程短すぎて使う気にもなれん。こんなデブボディで悠長にペチペチできるか?あと地味にASLが小さいのが使いにくさに拍車をかけてる。いい加減調整すべき。 - 名無しさん (2024-04-22 21:36:08)
  • クゥエルなんかよりずっときついだろ - 名無しさん (2024-04-06 15:54:14)
  • ヒットボックスと腕マシの射程が噛み合ってなさすぎる - 名無しさん (2024-03-13 07:37:27)
  • ドワが強化されてこれが放置されてるわけ - 名無しさん (2024-02-05 01:23:19)
  • 付属グレ無しのデチューンした対空砲の追加が、割りとガチで要するな。継続的に ひるませながら蓄積溜めて距離縮めてってのがジーラインLAとは別のアプローチになるし。 - 名無しさん (2023-08-09 01:04:07)
  • LV5をフルハンしたあげくにヘビーアーマーとAフレームを載せてみた。いろんな意味で玩具になっただけだった。よいこのみんなはマネするなよorz - 名無しさん (2023-06-18 15:38:46)
  • 本体が中々使われない同士、cost100スタートの最初期ザクバズを共有させてもらいませんかね。 - 名無しさん (2023-05-13 01:16:33)
  • 射程短すぎて無理 - 名無しさん (2023-04-28 00:47:38)
  • 腕ガトの射程は150mでええやろ、あと左手がスパイクシールドで塞がってるからグフフが持ってる右手持ちのシュツルムちょうだい - 名無しさん (2023-04-18 11:13:14)
    • いやいっそスパイクシールドを緩衝材にして強制ダウン連撃不可のシールド格闘入れよう - 名無しさん (2023-04-18 19:37:54)
      • それいいね、原作でもスパイクシールドで殴ってたし2種格闘になれば楽しそうだ。 - 名無しさん (2023-04-19 22:27:26)
  • カウンタースナイプ用にこいつにBRの - 名無しさん (2023-01-17 00:12:51)
  • この機体好きなんだけどほんとに活躍できん…みんなどうやって被撃墜押さえてダメージと撃墜だしてるんだ… - 名無しさん (2022-12-19 08:58:10)
    • 6:6 野良だとこの手の強襲は2体以上を相手取りしてないと思う。嫌な表現するとヘイトを味方に擦り付けてる。それか編成で図体デカイのばかり揃ってるのを狙ってヘイト分散を臨む。味方に0.9体以下しか相手してない汎用ばかりいれば負担はコッチにきて、被撃墜増えるし与ダメは減る。敵をいなす個人テクも大事だけど、味方をどう使うかも同時に必要。ビームで射程あって図体デカくてヘビアタ無い、スラ射撃無い本機は陽動扱いされてる節がある。 - 名無しさん (2022-12-24 01:06:21)
      • 雰囲気だけどジオン系強襲固め編成なら程よいヘイトバランスになって、被撃墜押さえて与ダメ撃墜稼げるんじゃないかな。 - 名無しさん (2023-03-09 22:01:45)
    • 即よろけ取れる手段が壊滅的なのによろけ強よろけ蓄積よろけなんでも取れるような機体が出てきたんで、図体でかさとは逆にヘイトが少なくなるまでこそこそと動き回る必要がある、機体属性考慮するとドワッジと違ってたいして硬くもないからね - 名無しさん (2023-02-28 16:54:18)
    • 誰に対してのみんな?40とか45やってるけどこいつ見たことないしA以下ならそれこそ相手が弱いだけだよ。因みに教えとくと、余程強い近接強襲(レッドラとかね)以外で活躍できる時ってのはマップとのシナジーor相手が弱いだけorその両方やからね。 - 名無しさん (2023-03-06 16:17:04)
  • バズが駄目なら、シリーズ繋がりで対空砲装備可でも良いのよ。ブースト射撃出来ないネロトレぐらいに落とし込めれば角立たないと思う。 - 名無しさん (2022-12-02 23:51:11)
  • 速射砲の射程,何でこんなに短くしたんだろな。200mくらいあっても強すぎるなんてことは無いと思うんだが。 - 名無しさん (2022-11-17 22:52:52)
    • よろけ兵装持ち相手でもよろけが相打ちになることもあるほどのよろけ値だし普通にヤバいと思うぞ…… - 名無しさん (2022-11-17 23:19:24)
      • そんなにだっけ?自動照準ないし,図体でかいのに射程短いで使いにくいイメージが強すぎたわ - 名無しさん (2022-11-18 09:33:57)
        • 自動標準は有るからしっかり確認して、どうぞ。 - 名無しさん (2022-12-03 02:45:43)
        • あのよろけ値を体感できないならあまりにエイムが悪すぎる - 名無しさん (2023-01-06 12:08:30)
最新の20件を表示しています.全てのコメントを見る


最終更新:2024年04月26日 16:55