ペイルライダー・デュラハン

MS一覧】 > 【強襲機

  • 編集者各位:ページ編集時は「編集中!」の文字を貼るのを忘れずに!!

機体概要


  • ペイルライダーの系譜でありながら「HADES」を非搭載のまま実戦運用された不遇の機体。
  • 秘密裏に行われた次世代MS開発計画、「ペイルライダー計画」の集大成としてペイルライダーの量産検討機、ペイルライダー・キャバルリーが開発されたが、機体及び「HADES」に関する全記録と実機を失い計画は中止となった。
  • しかし、組み立て途中で投棄されたキャバルリーが発見され素体復元に成功、「HADES」が非搭載であることから、首なし騎士「デュラハン」のコードネームが与えられた。
  • 次世代主力量産機を目指していただけあって機体性能は申し分なかったが、実戦運用にあたり失われた兵装を補うために他の機体で運用されていた特殊装備を集めて使用することとなった。
  • 一年戦争後、マイナーチェンジした機体がごく少数再生産され、初期のティターンズによって運用されたとされる。

機体属性・出撃制限・環境適正

機体属性 強襲 汎用 支援
出撃制限 地上 宇宙
環境適正 地上 宇宙

数値情報

機体

強襲 LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
Cost 400
機体HP 12000
耐実弾補正 12
耐ビーム補正 12
耐格闘補正 18
射撃補正 20
格闘補正 20
スピード 115
高速移動 200
スラスター 65
旋回(地上)[度/秒] 57
旋回(宇宙)[度/秒] 54(盾装備時:52.4)
格闘判定力
カウンター 連続格闘
再出撃時間 13秒
レアリティ ☆☆
必要リサイクル
チケット
230
必要階級 少尉10
必要DP 124000

パーツスロット

  LV1 LV2 LV3 LV4 LV5 LV6 LV7 LV8
近距離 12
中距離 9
遠距離 7

連撃補正

連撃数 標準倍率 本武器倍率
1撃目 100% 100%
2撃目 50% 80%
3撃目 25% 64%

格闘方向補正

格闘方向 標準倍率 本武器倍率
N格 100% 100%
横格 75% 75%
下格 130% 150%

移動方向補正

  100%  
80% 80%
  80%  

主兵装

射撃

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 備考 DP
ハイパー・バズーカ LV1 1250 10 6.7秒 12秒 1.7秒 375m 移動射撃可
よろけ有
よろけ値:80%
局部補正:0.8倍
シールド補正:1.5倍
6300
LV2 1312 380m 9600
LV3 1375 385m 11100
LV4 1437 390m 14600
LV5 1500 395m 18500

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 ヒート率 OHまでの弾数 発射
間隔
OH復帰時間 切替時間 射程 備考 必要DP
ノン フル ノン フル
ハイパー・ビーム・ライフル LV1 1800 2470 55% 95% 即3発
フル1+即1
2秒 15秒 0.7秒 400m
(550m)
移動射撃可
ひるみ有
集束可
集束時よろけ有
集束時間:5秒
倍率:1.37倍
よろけ値:15%(30%)
局部補正:1.2倍(1.1倍)
シールド補正:1.1倍(1.1倍)
機体同梱
LV2 1890 2593 405m
(555m)
125300
LV3 1980 2716 410m
(560m)
138000
LV4 2070 2840 415m
(565m)
162300
  • ノン:ノンチャージショット
  • フル:フルチャージショット
  • 即:即撃ち(ノンチャージショット)
  • OH:オーバーヒート
  • ()内はフルチャージショット時

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 DPS 備考 DP
ブルパップ・マシンガン LV1 146 35 360発/分 4秒 0.8秒 200m 876 移動射撃可
ジャンプ射撃可
よろけ値:5%(20HIT)
局部補正:1.3倍
シールド補正:0.3倍
機体同梱
LV2 153 36 918 4800
LV3 160 37 960 5200
LV4 167 38 1002 5700
LV5 175 39 1050 8500

格闘

初期装備 別売
実弾 ビーム 格闘 シールド その他
武器名 LV 威力 クールタイム 武装切替 備考 必要DP
アサルトアーマー用ヒート・ランス LV1 2400 4秒 0.77秒 機体同梱
LV2 2520 76000
LV3 2640 81200
LV4 2760 96800

副兵装

頭部バルカン

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 DPS 備考
LV1 50 30 446発/分 6秒 0.5秒 150m 372 移動射撃可
ブースト射撃可
よろけ値:2%(50HIT)

Gシールド内蔵ガトリング

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
LV 威力 弾数 発射
間隔
リロード時間 切替時間 射程 DPS 備考
LV1 100×2 60 512発/分 12秒 0.5秒 300m 1706 射撃時静止
二発同時発射
伏せ射撃可
ASL(自動照準補正)有
よろけ値:3% x2

ガーディアン・シールド

実弾 ビーム 格闘 シールド その他
  LV1 LV2 LV3
シールドHP 20000 - -
サイズ LL

スキル情報

スキル レベル 機体LV 効果 説明
足回り
アサルトブースター LV1 LV1~ ジャンプ時の溜め時間を 40% 短縮し、
ジャンプ速度が 30% 上昇する。
また、ジャンプ中に射撃攻撃による被弾時のリアクションを軽減する。
効果は地上限定
高性能バランサー LV1 Lv1~ ジャンプ&回避行動の着地による硬直を格闘攻撃かタックルでキャンセル可能。 着地の硬直時に格闘攻撃かタックルが出せ隙が減る
強制噴射装置 LV1 Lv1~ 回避行動の着地動作を高速移動でキャンセルし、再び回避行動を可能とする。 再度の高速移動開始時にはより多くのスラスターを消費する
高性能AMBAC LV2 LV1~ 宇宙において、高速移動終了終了時に
移動方向と同じ向きへ移動操作を行っていると、
減速動作を行わずに巡航移動へ移行する。
さらにMS旋回性能が3増加する。
高速移動終了時に継続して同方向に左スティックor上昇下降ボタンを入力していれば硬直が発生しない
攻撃
格闘連撃制御 LV2 Lv1~ 格闘攻撃を最大 3回 まで連続で使用可能。
連撃時はダメージが減衰する。
防御
マニューバーアーマー LV2 Lv1~ ブースト移動中に以下の効果が発生。
射撃攻撃による被弾時のリアクションを軽減。
拘束効果のない攻撃を連続して受けた際に生じるよろけの発生を軽減。
ダメージを10%軽減。
高速移動中に受けた攻撃のよろけ値を 80%かつ小数点以下切り捨て で計算する
耐爆機構 LV1 Lv1~ MSの爆発により発生するよろけ状態を無効化する。  

強化リスト情報

強化リスト MSレベル毎必要強化値 効果
リスト名 Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8
冷却補助システム Lv1 280 スラスターオーバーヒート時の回復時間が3%短縮
Lv2 スラスターオーバーヒート時の回復時間が5%短縮
シールド構造強化 Lv1 570 シールドHPが100増加
Lv2 シールドHPが200増加
複合拡張パーツスロット Lv1 860 近・中・遠のパーツスロットが1スロずつ増加
Lv2 近・中・遠のパーツスロットが2スロずつ増加
AD-PA Lv1 1440 格闘補正が1増加
Lv2 格闘補正が2増加
上限開放
リスト名 Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8 効果
シールド構造強化 Lv4 2880 シールドHPが1000増加
AD-PA Lv3 4320 格闘補正が4増加

備考

「秋の期間限定任務」発令!

  • キャンペーン期間
    • 2020年10月22日 14:00 ~ 2020年11月5日 13:59 [予定]
  • 限定任務達成報酬
    • 機体
    • マーク
      • ジャック・ザ・ハロウィン<J>
      • ジャック・ザ・ハロウィン<A>
    • アクセサリー
      • ハロウィンランタン01
      • 小悪魔のツノ
      • 小悪魔の翼
      • 小悪魔のしっぽ
    • 改修キット

機体情報

  • 漫画版『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』より参戦。組み立て途中で投棄されていたペイルライダー・キャバルリーを基に再建造された機体。
  • 漫画版設定だとキャバルリーは完成して宇宙へ持ち込まれていたが、搭載していた艦がビグ・ザムの猛攻で損失。そして1年戦争後に1機だけ組み立て途中だったものが発見され、それを再建造したのが本機。
  • 一年戦争時にスレイヴ・レイス隊によってペイルライダー及び「ペイルライダー計画」を実行し「HADES」を研究していたオーガスタの極秘研究施設は破壊されデータも消失しているため、「HADES」非搭載。それゆえアイルランド地方の伝承に登場する首なし騎士「デュラハン」のコードネームが与えられた。「HADES」以外の復元率はかなり高く、スペックはキャバルリーと同等とされる。
  • 専用兵装「シェキナー」も失われていたため、ジーライン・アサルトアーマーの「ヒート・ランス」や、ジム・ガードカスタムの「ガーディアン・シールド」といった他機体の特殊兵装を携行している。
  • 一年戦争後、ティターンズがオーガスタ研究所にて宇宙世紀0084年相当の技術で改修した「ペイルライダーDⅡ」という後継機も極少数生産された。

機体考察

概要

  • コスト400の地上宇宙両用強襲機。地上適正有り
  • パーツスロットは近距離の多い強襲機型。スロット合計値は並。 強襲機としては遠距離が多い

  • カウンターは特殊カウンターの次に威力の高い強カウンター

火力

  • 攻撃補正は 射撃・格闘共に等しいバランス型 。補正値合計は並。格闘補正だけを見ると同コストでは低めとなる。
  • 主兵装は接近戦でのよろけ取りが得意なハイパー・バズーカ、高威力なビーム・ライフルであるハイパー・ビーム・ライフル、そして取り回しに優れるブルパップ・マシンガンを選択装備可能。
  • 「ハイパー・バズーカ」はよろけの取りやすさから格闘を主体とする本機との相性は抜群。もちろん副兵装とも組み合わせられるため様々な運用が可能。
  • 「ハイパー・ビーム・ライフル」はこのコスト帯の強襲機が装備できる射撃武装としては、威力・射程共にトップクラスとなる。
  • 副兵装には頭部バルカンとGシールド内蔵ガトリングを装備。
  • Gシールド内蔵ガトリングは静止射撃だが、選択時にシールドを前方に構えるため、被弾を抑えながらの攻撃ができる
  • 格闘兵装はアサルトアーマー用ヒート・ランス威力とリーチに優れ、さらに高い連撃補正を有する。反面、クールタイムが長いので下格闘ダウンに格闘追撃ができない欠点がある。
  • 格闘攻撃のクールタイムが足を引張っており、射撃も織り交ぜなければダメージを出しにくい。故に爆発力も欠けるため、強襲機らしい一度にダメージを与えるのではなく、 継続的にダメージを与える運用を得意とする

足回り・防御

  • スピード・高速移動・旋回性能は低めスラスターは少し高め。総合的には強襲機としての足回りはあまり期待できない
  • HPは体格比込みでも低め。一方でLLサイズかつ高HPのシールドを装備しているため、合計HPは高め正面や左方からの防御力は数値以上に高い。特にGシールド内蔵ガトリングを構えている時の正面防御力は並の強襲機では及ばない
  • 防御補正は耐格闘寄りのバランス型で、補正値合計は並。バランス型なためか、射撃に対してやや強いが、格闘に対してやや弱くなっている。
  • 元のHPの低さとシールドによる他の部位へのダメージの少なさからか、脚部が破壊されやすい
  • 足回りが弱く、本体も脆弱なために他の強襲機よりも無理ができない。特に敵集団を突破して撹乱するなどの一般的な強襲機の動きは苦手とする。
  • 巨大な当たり判定を有しているため攻撃が当たりやすく、特に大よろけ・蓄積よろけが持ち味の敵機を苦手とする

特長

  • 強襲機としては射撃兵装が豊富であり、格闘兵装も威力・リーチ共に申し分ない。
  • このコスト帯で、ハイパー・バズーカを装備できる強襲機は希少。加えてリーチと威力に優れる格闘との相性もいい。
  • ハイパー・ビーム・ライフル装備時の射撃能力は同コストの強襲機の中でもトップクラスになれる
  • シールドが大きいため敵の攻撃(特にビーム兵器)を受けやすく、またシールドのHPが高いことから、スペック上の高い防御力は高い。さらにGシールド内蔵ガトリングを選択することでシールドを正面に構えるので、能動的な防御が可能。シールドを使いこなすことができれば、同コスト強襲機の倍近い耐久性を発揮する
  • 主兵装選択を間違わなければどのマップでも一定の活躍が見込めるため、特別苦手なマップはない。適切な武装選択さえできれば、マップや相手を選ばない高い汎用性を発揮できる。射撃性能が高いことから、港湾基地や無人都市など射撃戦になりやすいマップが得意

総論

  • 主兵装によって遠近に対応でき、ガーディアン・シールドの使い方次第では高い防御力を発揮する重装強襲機。
  • 盾によるヒットボックスの大きさや足回りに難点はあるものの、強襲機としては優れた汎用性と素直な操作性を持ち、味方汎用機に混じって行動しやすい 中級者向けな機体

主兵装詳細

ハイパー・バズーカ

  • 初期装備の連邦標準バズーカ。
  • 威力は中程度だが、命中すればよろけさせることができ、装弾数が多い。
  • 主に近接戦で威力を発揮する武装。よろけの効果があるため格闘との相性がとても良い。
  • 一方で弾速が遅いために中距離以遠では偏差射撃を必要とする。

ハイパー・ビーム・ライフル

  • ペイルライダー[空間戦仕様]等の初期装備だが本機も装備可能。
  • 速射とチャージショットの使い分けが可能なビーム兵器。ハイパーの名の通り通常の連邦製BRよりも高威力になっている。
  • よろけ取りの安定性には欠けるが、射程が長いので遠距離にいる支援への牽制も行いやすいのが魅力。
  • ダウン追撃にも使えるが、その場合ガトリングと二択になる。
  • 強襲機が持てる武装の中では最大射程が特に長く、広い空間での支援機へのアンチスナイプなどで活躍が期待できる。

ブルパップ・マシンガン

  • 射程と威力が低いが、連射速度が優れているマシンガン。
  • ハイパー・ビーム・ライフル以上によろけが取りづらく、射程も短い。運用難度はかなり高い。

アサルトアーマー用ヒート・ランス

  • 長柄のランス。装備するとそこそこ目立つ。
  • 長柄のランスのために攻撃範囲が広い。横格闘が特に広いため、味方に当てないように注意。
  • ジーライン・アサルトアーマーと違い、モーションがN・横・下全てジム・ストライカーツイン・ビーム・スピアと同じになっている。
  • クールタイムが長い。そのため下格闘から格闘がつながらない。追撃には射撃主兵装またはGシールド内蔵ガトリングを推奨。

副兵装詳細

頭部バルカン

  • 普通のバルカン。
  • 唯一ブースト射撃が可能なので逃げ撃ちや追い打ちに向く。ミリ削りや牽制用。

Gシールド内蔵ガトリング

  • 巨大なシールドに内蔵されたガトリング砲。
  • 名称は同一だがジム・ガードカスタムのとは性能が違っている。射撃時静止、伏せ射撃可能な点は変わらず。
  • 二発同時発射のため実質威力2倍。弾数消費も2倍。射程もそこそこあるので中距離での削りや追撃に使える。
  • ヒート・ランスのクールタイムが長いので、ダウン追撃にも使うことになる。連射性能に比して装弾数が心もとないので、使用毎に全弾消費するかリロードを推奨。

ガーディアン・シールド

  • LLサイズシールド。
  • 耐久値が機体HPを上回っており、Lv1段階でも破格の数値。もちろんカスタムパーツで更に伸ばすことができる。
  • 損壊した場合のスピードや旋回の上昇値もかなり高い。ただし、だいたい本体のほうが先に壊れる。

運用

  • 出撃マップに合わせた主兵装選択が重要。射撃戦の多いマップではビーム・ライフルを、格闘戦が多いマップではバズーカが基本。
  • 基本的な動きは強襲機というよりは汎用機のそれ。味方汎用機と前線を形成し、シールドで敵の攻撃を受け止める。他の強襲機以上に無理に単独で敵陣を突破しようとするのは禁物。
  • Gシールド内蔵ガトリング選択時は能動的にシールドを正面に構えるので、本体への被弾がぐっと抑えられる。敵陣に長時間姿を晒すときや、前線を押し上げるために突撃するときなどは選択しているとダメージを大きく軽減してくれる。
  • 緊急回避などは無いため、多数相手は苦手。あくまで強襲機であるため、ヘイトの集めすぎには注意が必要。集めすぎたなら一度味方の後ろに隠れたい。
  • 他の強襲機のように必ずしも格闘追撃する必要はなく、無理そうなら射撃主兵装やGシールド内蔵ガトリングで追撃する。
  • ヒート・ランスも強力なため、汎用機のように切り込めると思ったら格闘追撃をするといい。ただし下格闘からの格闘追撃は出来ないため、追撃は射撃となる。威力は基本的にビーム・ライフル>ガトリング>バズーカとなる。
  • シールドが破壊された場合は一気に足回りが向上するため、強襲機のように突撃も可能。とはいえ、立ち回りの変化に伴い意識の切り替えを必要であり、また極端に上がる旋回性能に戸惑うことも多い。シールド破壊後は別機体だと考えていい。

機体攻略法

  • 足回りが低いために突っ込んで無双するなどの強襲機らしい立ち回りは稀だが、その分だけシールドでガッチリと攻撃を受け止めた上で射撃で削ってくるいやらしさがある。特にビーム・ライフル装備だと遠距離からでも支援機を狙ってくるため、特に注意が必要。
  • 幸いに緊急回避などはなく、複数で囲めば撃破は容易。自慢のシールドも一方向にしかないために、挟み撃ちすれば楽勝。
  • またシールドの被弾面積が広いため蓄積よろけには弱い。兵装によっては、むしろ他の強襲機より足止めは容易。

コンボ一覧


アップデート履歴


コメント欄

  • 愚痴・修正要望のコメントは予告なく削除・書込禁止処置 を取る場合がございます.ご了承下さい.
  • クールタイムや切替時間を計測する際には目測ではなく編集ガイドラインの「計測・検証について」の章に書いてある方法で精度良く計測し,報告時には計測環境なども合わせてコメント欄に記載してください.

過去ログ 1

「機体調整に関する批判・苦言」 は「機体運用に関する内容」のみ許容します.それ以外の 「プレイヤーや運営に対する暴言・脅迫行為」 は見つけ次第削除・書込規制となりますのでご注意ください.


  • 軍事でBR装備で出したけど、相変わらず強い。支援機を遠距離から牽制しつつ間合いを詰められるし、盾がお強い。汎用は面倒くさがってるのか若干ヘイト低い気がするw - 名無しさん (2022-11-15 00:22:05)
  • 盾にも本体と同じ耐性補正のっかるらしいから、陽動遊撃が捗るな。 - 名無しさん (2022-11-13 16:53:28)
  • ジムSPlllはおやつ、はっきりわかんだね - 名無しさん (2022-11-11 23:52:26)
  • BR装備、塹壕で大活躍できるね - 名無しさん (2022-09-30 11:06:04)
  • HP2000も減らされてまだ普通にみるってどんだけ壊れだったのか分かるよな。まぁ盾が偉大なんだけども - 名無しさん (2022-09-23 23:27:50)
  • おすすめカスパ教えてください - 名無しさん (2022-08-20 21:31:33)
    • スラ盛り - 名無しさん (2022-09-23 23:26:39)
  • 射撃マップなら未だに最強格 - 名無しさん (2022-08-08 08:53:15)
  • デュエルだといつも以上にシールドが活躍する - 名無しさん (2022-07-31 23:14:48)
  • 無難にどのマップでも戦えるけど、同じ強襲のレッドライダーが天敵みたいなものだからレッドが出てくるマップは遠慮したいね - 名無しさん (2022-06-12 03:09:35)
  • 前はゴリゴリ前でて敵を寝かして射撃も出来る機体だった。今はレッドに前線を明け渡し、ヘイトを集めながらも盾でいなし射撃で削る機体になった。…450の実装はまだか。 - 名無しさん (2022-05-17 10:17:52)
  • 久しぶりにHBR持って乗ると安定した強さあるよなぁ - 名無しさん (2022-05-16 18:58:00)
  • 他の400強襲強化されたらで射撃戦想定した場合そっちも選択肢になるようになったんだから、こいつナーフ前の性能に直してもよくない?と思ってるんだけどなあ。 - 名無しさん (2022-05-11 17:11:24)
    • 耐久だけをナーフ前に戻すなら解るがダメコンも戻すと修正前よりトチ狂ったデータ出しそうだからなぁ - 名無しさん (2022-05-16 21:37:26)
  • あれ、今更だけどこいつ脚部にアブソーバ持ってないぞ。地上適正なのに。運営付けるの忘れたんか? - 名無しさん (2022-05-06 00:26:53)
    • そもそも1年戦争時のペイル一族全員持ってないぞ。…Z時代に再建されたDⅡや元機のスナⅡはあるけども - 名無しさん (2022-05-06 00:42:07)
  • 無人都市のコイツめっちゃ強くな〜い?ナーフ前もっと乗っときゃ良かったな〜 - 名無しさん (2022-04-10 13:25:43)
  • どうにも旋回の無さが気になって使いづらいなぁ…火力は文句ないんだけども - 名無しさん (2022-03-25 13:21:56)
  • 400軍事で強襲出すならデュラハンだな。赤ライダーは射撃圧が無に等しいし、GLAだとちょっとペラ過ぎる。 - 名無しさん (2022-02-27 01:39:35)
  • 最近の選択事情が地上MAPで同族のRRだと格闘振りにくいとなった時の代替ポジだったりする。味方と射撃集中するなら防衛しながら火力出せる本機の役処。真っ向パワープレイには変わらないんだけど。 - 名無しさん (2022-02-21 21:01:24)
  • この機体宇宙だとどうなん? 遠距離戦になりやすいマップならアリかと思ってるけど、やっぱドムGHやライトアーマーのほうがいい? - 名無しさん (2022-01-26 13:16:41)
    • 宇宙適性無しなのが辛いし、射撃での牽制にしても、一気に切り込んで荒らすにしてもGHとBD2が圧倒的に優秀だからレートではナシかな - 名無しさん (2022-01-26 13:29:17)
    • 遠距離戦になりやすいマップならタコザクもいいぞ。あれの機動力は癖になる。 - 名無しさん (2022-01-26 19:04:01)
    • なるほど、射撃マップならタコザクやライトアーマー、乱戦になりやすい狭いとこはGHでいこうかな、アドバイスありがとう! - 名無しさん (2022-01-28 15:50:00)
  • 軍港除けば地上ならどのMAPでも対応できると感じる。移動補正とHBRの最大射程と盾でコンセプト微妙な編成でも立ち回り次第で何とかカバーできる。陽動っていう敵1体以上を自分に引き付ける行動を取らない汎用乗り多いから、致し方なく敵汎用のヘイト買うのと同時に敵支援を削る事を強いられているだけなんだけど。 - 名無しさん (2022-01-09 20:23:33)
    • 壁汎のように動いてても支援にちょっかい出せるのはやっぱ偉大 - 名無しさん (2022-01-11 18:29:12)
  • N格こそがこいつの - 名無しさん (2021-12-07 15:41:19)
    • 一番強い武器だ - 名無しさん (2021-12-07 15:41:47)
最新の20件を表示しています.全てのコメントを見る


最終更新:2022年07月14日 21:00